What are you going to be ?


 

filming tools

development

    3.5インチ用ロケーションに便利な液晶モニターhood

                              テスト販売開始!


ロケで使用するARRIFLEX機材撮影時のビジコンや、HD機材での撮影時のマスモニには遮光用のhoodがあるのに、HVR、DVX、HVX200などの小さなカメラで、軽装備で、ちょいと素材撮影なんかに出かけた時、好天の野外では液晶モニターがほとんど見えない!、ってなこと、ありませんか?

しょうがないので、ブラックアルミで遮光したりしますよねぇ。

そこで思いついたのが、カンタンで軽くて,移動時もかさばらない、

シートタイプの液晶モニターhoodです!













3.5インチ用液晶モニターhood   FSP-4 001 

材質 ポリプロピレン 暑さ 0.75m  対薬性、耐水性

使用温度 -5℃〜120℃ 

販売価格 オープン価格


これなら、コンテやスケジュール表にはさんで、ひょいと現場へ、

折り込んで、借りて来た機材の液晶モニターにテープで貼付ければ、

液晶モニターは野外でも視界良好!  

 








簡単そうにみえますが、当初は4面の貼付け型、しかし一度カタチにしてしまうと、はずしてのばした後、再度張り付けるのが大変になり、シートタイプに、、サイズ、デザインもいろいろと試行錯誤、ロングルーペの様な物も試作しましたが、遮光性能と簡易性のちょうど良き

サイズを探しました。また、材質のポリプロピレンは軽く強く、紙のように破れる事も無く、耐水性にも優れていますし、これ一枚あれば、これを型紙にして適当な素材で、複製していただけます。








二度目の実践ロケでテスト使用を終え、いよいよ発売開始します。

こんなものがあったら便利だろうなぁ、、って気がついた事を、少し

気合いを入れて自分で創ってみる、カタチにしてみる。 

で、それが本当に現場で、いいなぁ、と感じたら皆さんにも知ってもらいたい。でもって共感が得られるようなら、販売し、次のアイデアの研究開発費の足しにさせていただきます。

当面の、我が製作所のポリシーでありマス。   



使ってみたい方は、メールか掲示板にて!

え? what are you going to be ?

そりゃあんた、

がなびー ロックスターですよ。。

angenieux

AG-HVX200を使用する機会が増えました、バジェットを抑えるケースの仕事や、合成用の背景撮影でフィルムカメラを持ち出すまでもない時など 、特にこのカメラの出番が多くなりました、こんな小さいのに1080/60iまでいけるのと、フレームレートが多様だったり、倍までのハイスピードも出来るのですもん、春に、これ2台もってモナコ行ってきましたし、、。

で、先日、よせばいいのに、これにアンジェニューのレンズをつけて使用してみました、、、

ところがこれが大失敗、光量が少なかった為もあるのですが、このアタッチメントの中にあるスクリーンミラーの構造を理解してなかったのがいけませんでした。スクリーンミラーはなんとこの中でモーターでバリアブルなスピードで回転するんだそうですねぇ、、スピードの設定もろくにせずに、しかも、液晶で画像見ながら撮影してしまいました、「いいよぉ〜いいかんじだねぇ〜」とかのたまわりながらです。

後でラボでチェックするとブラックプロミストの前ピン常態、、、野外のロケーションだとマスターモニターでチェックでもしないと解らない微妙なドットノイズがいっぱい。電気的な信号ではないので、後からはどーしようもありません、、言い出しっぺの私は制作サイドにいい迷惑かけちゃいました。

でも、めげずにまたトライさせていただきます。

     tsugi?        naishisyo !!


            kou gokitai  !!